低血圧の悩みを改善しよう【海藻類の食事が解消ポイント】

料理

慢性的な疲れの原因にも

多くの人が悩んでいる低血圧の悩みは、栄養のある食事や規則正しい生活習慣で改善できますよ。有効的な方法を要チェック!

工夫すると

ストレッチ

高血圧というと、生活習慣病をはじめとするさまざまな病気のもとという印象がありますが、低血圧となると、健康であるという印象が強くあります。確かに病気ではないのだけれど、意外と大変な低血圧について、紹介します。低血圧の場合、朝起きるのが苦手だったり、日中何もしていなくてもダルさを感じるようなことがあります。怠けとの見分けが付かないために、周囲の人に理解されにくいのが問題です。そんな低血圧ですが、少しの工夫で、症状を和らげることができます。まずは、運動です。運動を心がけることによって、体力が付きます。他に、食事をきちんと摂ることも低血圧の症状を和らげることのできるもののひとつです。特に、ミネラルが豊富に含まれている海藻類がオススメです。

注意点は

では次に、低血圧と上手に付き合っていくための注意点をいくつか紹介します。まずは、低血圧の症状に多い「立ちくらみ」ですが、特に「起立性低血圧」と呼ばれる、しゃがんだり座っているところから、立ち上がったときに起こる立ちくらみを起こしやすい人が多いのです。この場合、急に立ち上がらずに、ある程度予測をして、ゆっくりと起き上がるようにすると良いでしょう。また、余裕がある場合には、座った状態でストレッチなど、体を少しほぐしてから立ち上がるのがオススメです。他に、低血圧だからといって、熱い風呂に入ったり、無理矢理にたくさん食事を摂ったりと、急激に血圧の上昇するようなことは、危険ですので控えるようにしましょう。

不定愁訴をシャットアウト

サプリ

低血圧は食事などの日常生活を工夫することで、目まいや倦怠感などの不快症状を改善していきます。タンパク質やミネラルなどを多く摂取することが必要ですが、サプリメントで補給することも大切でしょう。コエンザイムQ10やプロポリスなど低血圧を改善するサプリメントを上手に利用して、不快症状とさよならしましょう。

血圧は健康のバロメーター

男性

女性に多いのが低血圧です。これを防ぐには普段の食生活を改善することが大事です。それをサポートするためにサプリを飲むことも効果が上がります。あまりひどい場合は他の病気の兆候の可能性もあるので、医師の診察を受けることです。

血圧が低い時の症状とは

医者

低血圧は高血圧ほどのリスクはありませんが、めまいや立ちくらみなどの症状が出ます。これを改善するには、まず自分の低血圧がどのタイプであるかを確かめ、それに応じた治療を行うことです。先天的なもの、いわゆる本態性低血圧の場合は、薬に加え、食生活の改善や運動がお勧めです。